体に効くクラシック音楽!!

モーツァルトの周波数1/fのゆらぎ・・・美容・健康・脳波の関係は?

体に効くクラシック>本当にクラシック音楽は健康や頭に効くの?

【クラシック音楽の健康効果・やる気効果】


どんな音にも波動と言うゆらぎがありますが、クラシック音楽のゆらぎは、
人の心身の心地よさにマッチしたゆらぎで、「1/f」です。
ちょうど、自然界の草木が揺れる振動に似ているようです。
クラシック音楽を聴くと、アルファ波が出るという話は、よく知られた話ですが、
α波は、とてもリラックスしたときに出る脳波です。
「1/fのゆらぎ」については、こちらをご覧ください。
1/fのゆらぎ・とは?
α波については、こちらも参考にしてください。
音楽療法と脳波

ビタミンCのがん予防効果として、注目されている点は
次の三つです。

脳がリラックスするとβ-エンドルフィンというホルモンが脳内に分泌されます。
あまり聞かないホルモンですが、脳を活性化させ、
免疫力を高め病気予防の効果があります。
又、ストレスを和らげる作用もあります。

リラックス状態になると、体の力みもなくなりますが、筋肉もほぐれますが、
血管の収縮もなくなり、血の巡りが良くなり、
全身に酸素や栄養がいきわたるようになります。
リンパの流れも良くなり、ストレスや環境によって乱れていた自律神経が整い、
健康な状態に近づきます。
頭痛や冷え症、便秘などそれだけで、改善される病気も多いのです。
音楽療法による詳しい健康効果については、それぞれの項目をご覧ください。

クラシック音楽を聴くと、脳の前頭葉が刺激され、ドーパミンも放出されます。
ドーパミンは、心地よい時にでる、ホルモンです。
運動したい。ゲームをしたい。勉強したい。
など、行動を起こす意識を高めるホルモンです。
なので、これが低下すると、集中力がなくなり、
物忘れがひどくなったり、無気力、無感動になります。

この様に、やる気と、集中力を高めてくれる
効果で、学習能力がたかまり、
「頭が良くなる」効果も、クラシック音楽には、
期待、出来るというます。
クラシック音楽を聴くことで頭か良くなる効果については、
頭がよくなる?モーツァルト効果
をご覧ください。

【ストレス関連サイト】


■ストレスを緩和す具体的にリラックス方や、
集中力を高める方法については、
こちの集中力とあがり性を参考にされてください。
集中力の特性 (集中力で治る!あがり性)
集中力に欠かせないリラックスについて (集中力で治る!あがり性)

■当帰芍薬散は、ストレスを緩和する効果があります。
更年期の症状に対して、中枢神経に作用して、
不安や不眠や抑うつを軽減する効果が示唆されています。
乳がんと芍薬のエストロゲンの関係 (牡丹・芍薬専門HP)

難しい話、ばかりになりましたが、クラシック音楽は、
脳をリラックスさせ、ストレスの少ないよい状態に体を導いてくれる
特効薬のようです。

■モルトビネガーは、通常の効果に加え
ビタミンB1・ナイアシン(ビタミンB3)
を含むことで、イライラや精神的不安を抑制し、
ストレスによる疲労回復効果があります
カルシウムも含んでいるので、骨粗そしょう症などへの
効果も期待できます。
食物繊維が豊富なことから、胃腸の働きを良くしてくれます。
モルトビネガーの健康効果 (酢の健康・美容・万能力)

■きび酢は、他の酢に比べて、
塩分が少ないのが特徴です。
血圧が高く、塩分が気になる方に、お薦めです。
骨を丈夫にし、骨粗鬆症を防効果
精神安定効果もあります。
きび酢の健康効果 (酢の健康・美容・万能力)
<クラシック音楽と脳・健康についての本>



↑ PAGE TOP