体に効くクラシック音楽!!

モーツァルトの周波数1/fのゆらぎ・・・美容・健康・脳波の関係は?

体に効くクラシック>オルゴール療法のオルゴールの良い聴き方とは?

スイス製のオルゴールを聴くことで、脳波に影響し、α波が出て
リラックス状態になることで、自律神経のバランス整い、
健康を取り戻す効果があることがわかっています。

が、健康効果を高めるため、もっともよい聴き方があります。
オルゴールの効果を高める、オルゴールの効き方をご紹介します。

オルゴール療法の効果を高めるもっともよい、オルゴールの聴き方


1.同じ曲を何度も繰り返して聴くことが良い聴き方です。
これは、脳に、繰り返し学習させているのと同じ効果があります。
新しい曲を聴いたときの「オヤ」という刺激は、脳に少なからずも、
興奮をあたえることになります。

同じ曲を何度も聴くのと同じで、繰り返しの多い曲を聴くことも、
効果的です。
これは、脳の記憶を呼び戻す効果が高められることで、効果が高まります。
抗して繰り返し聴くことで、オルゴールがなっていないときにも、
頭の中で、音楽が再現され、健康効果が持続されるようになります。

2.オルゴール療法は、CDではなく、生の音を、聴きましょう。
オルゴールの持つ、低周波数、高周波数を残念ながら、CDではカットされ、
再現できません。
健康効果を高めるためには、本物のスイスオルゴールを聴きましょう。
144弁の音が大きいオルゴールの方が、治療効果が良いようです。


3.オルゴールを聴くときは、出来るだけそばで、集中して聴きましょう。
何かをしながら、オルゴールをかけるのではなく、
オルゴールの音にだけ集中して聴きましょう。

聴くときは、出来るだけ近づいて、大きい音の方が効果的で、
どこか悪いところがあれば、患部に当てて聴くのが良いとされています。

4.オルゴールの最大の欠点は、ゼンマイが切れてくると、テンポが遅くなる事ですが、
逆に、このテンポが遅くなる事が、病気治療には、良いことがわかっています。
だんだんテンポが遅くなることで、交感神経が、鎮静化され、
副交感神経が優位になる効果があるからです。
これは、「1/fのゆらぎ」に通じるものがあります。

↑ PAGE TOP