体に効くクラシック音楽!!

モーツァルトの周波数1/fのゆらぎ・・・美容・健康・脳波の関係は?

体に効くクラシック>子供の障害と音楽療法の効果について

子供の障害と音楽療法


障害をもつ子供と音楽療法について考えたいと思います。
一口に障害といっても、自閉症であったり、学習障害であったり
アスペールガー、ダウン症。
子供によって、障害はまちまちですが、
みな先天性の疾患です。
そういう子供たちが、増えています。

障害によって、音楽療法も使い分けなければなりません。
その子にとって何が必要なのか、
正しい選択をすることが大切です。

例えば、その子にとっては、集中力をつけるためなのか?
落ち着かせるためのものか?
しかし、何よりも、障害によって、
他人とのコミュニケーションが取れず、
心を閉ざしている場合など、
音楽は、子供たちの共通の言葉として、
人間関係を作っていくうえで、大きく役立つ手段だと思います。

音楽は、言葉の壁を取り除いてくれます。
言葉が出なかった子供も、リズムをたたけば、
音楽には参加できます。
そうやって、コミュニケーションをとっているうちに、
心の壁がとれ、しゃべれるようになったりします。

音楽は、世界の共通語だといわれますが、
英語が出来なくても、ドイツ語が出来なくても、音楽はできます。
日本語しか読めなくても、楽譜はどこの国に行っても、同じです。
英字新聞は読めなくても、楽譜は、読めるのです。

■集中力には特性があり、集中を高める方法は
色々あります。こちらをご覧ください。
集中力を高める栄養とレシピ
集中力を高めるサプリ・ホスファチジルセリン
集中力を高めるカルダモン

■色による集中力・リラックス効果は、
こちらを参考にしてください。
リラックス・集中力を高める色は? (好感度をあげ成功する!色彩心理学)

この様に音楽には、心の壁を解き放ってくれる千力があるので、
障害を持たない子供でも、
ひきこもりなど、心に傷を持つ子供たちの
ケアにも、音楽療法は、取り入れられています。

■子供の精神的障害と色彩心理については、
こちらも参考にしてください。
【子供と色彩心理①】絵を見れば、子供の心がわかる (好感度をあげ成功する!色彩心理学)

<子供のための音楽療法の本>




↑ PAGE TOP